色の作り方 PR

エメラルドグリーンの作り方!案外簡単に作れます!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

エメラルドグリーンでキラキラ輝く海のある絶景を、描けるようになりたい!でも、12色入りの絵の具にはエメラルドグリーンはないし、キラキラ輝く感じを表現するのって難しそう…

エメラルドグリーンは12色入りに必ず入っている基本の色で簡単に作ることができます。

さらに、白色や黒色を使えば、光の輝きも表現することができます。

この記事では、エメラルドグリーンの作り方白と黒を使った明暗の表現の仕方色鉛筆での作り方を解説します。

混ぜ合わせる色の種類だけではなく、作り方のコツや何を塗る時に使えるのかもお伝えします。

エメラルドグリーンの作り方と明暗の付け方を覚えると、光の美しさを表現した絵を描くことが出来るようにになりますよ♪

エメラルドグリーンの作り方

エメラルドグリーンの作り方を2通り解説します。

小見出し①:緑・青・白で作る

「緑+青+白=エメラルドグリーン」

青っぽい緑がエメラルドグリーンです。緑色を多めに、緑色と青色を混ぜます。この2色だと濃いので、白色を足しで薄くすると、エメラルドグリーンを作ることができます。

青・黄・白で作る

「青+黄+白=エメラルドグリーン」

黄色に青色を多めに混ぜて、青緑を作ります。この2色だと濃いので、白を足して薄くすると、エメラルドグリーンを作ることができます。

エメラルドグリーンを作るときのコツ

ただ色を混ぜるだけでは、失敗することもあります。

失敗しないために、作る時のコツをお伝えします。

絵の具は少しずつ混ぜる

絵の具は少しずつ混ぜてください。

エメラルドグリーンを作るには3色使用します。どれかの1つでも多く入れ過ぎてしまうと、他の2色を大量に混ぜて、調整することになります。

使う分量の絵の具以上に必要となり、絵の具が無駄になってしまいます。

薄い色から混ぜる

絵の具で混色を作る時の基本は「薄い色から混ぜる」です。

エメラルドグリーンを作る時は、青色・黄色・緑色に白色を少しずつ足してください。

白色が薄い色と思いがちですが、白は少し入れるだけで色をガラッと変えてしまう強い色です。

色に強い影響を与えてしまう白色は、最後に足して、好みの色合いに調整してください。

白や黒を足して明暗を出す

作り方では、「白色」と足すとエメラルドグリーンとお伝えしました。しかし、白色だけではなく、黒色も足すことで、より立体感のある絵を描くことができます。

黒色を少し混ぜると、暗めのエメラルドグリーンができます。影を描きたいときこの暗めのエメラルドグリーンを使って描くと立体感が出ます。
白色と黒色の配分が違う、さまざまなエメラルドグリーンをつくり順番に塗り重ねていくと、海や宝石などの光の加減をグラデーションで描くこともできるようになります。

エメラルドグリーンは、光り輝く部分を描くのに、よく使われるので、白色と黒色を使って、輝いているように表現してみるのも、楽しみ方の一つです。

色鉛筆でエメラルドグリーンを作るには?

色鉛筆では、水色を塗り、そこに緑色を重ねて塗ることで、エメラルドグリーンを作ることができます。

塗り重ねる緑色の濃度を変えることで、絵の具より簡単にエメラルドグリーンのグラデーションを描けることは、色鉛筆のならではのよさです。

エメラルドグリーンで塗るものには何がある?

エメラルドグリーンは宝石や海の色のイメージですが、他にもいろいろ使うことができるので、ご紹介します。

海や湖

宝石の次に思い浮かぶのが、海や湖です。青色や水色だけでは描くことのできない、神秘的な海・深さや広大さなどを、を表現することができます。

エメラルドグリーンは海や湖の「水」だけでなく、山の木々も描くのにも使うとよいです。

緑色や黄緑色だけでは描くことが出来なす、森の深さ・木の高さの違いによる影・葉っぱのみずみずしさなどを、表現することができます。

猫の目

猫の目もエメラルドグリーンで描くことができます。

猫の目をエメラルドグリーンで描くと、高級感のある猫・暗闇での迫力などを表現することができます。


エメラルドグリーンの作り方を解説しました。

基本のエメラルドグリーンに加えて、白色や黒色を足して明暗を付けることで、美しい輝きを表現することができます。

ぜひ、エメラルドグリーンの作り方と明暗の付け方を覚えて、光の美しさを表現した絵を、描くことを楽しんでください♪