疑問

グランドスタッフの給料は安い?基本給・ボーナス・手当!

グランドスタッフは、主に空港での出発便や到着便の案内業務を担当しています。

空港の顔でもあるグランドスタッフは、過去には”なりたい職業ランキング”で1位になったことも。

また、華やかなイメージが持たれやすい航空業界は、高給だと想像する人も多いと思います。

しかし、実際にはグランドスタッフの給料はとても安く、給料が原因で辞めていく人も多いと言われています。

今回は、グランドスタッフの給料についてご紹介します!

グランドスタッフの給料は安い?

グランドスタッフは給料が安いと言われています。

グランドスタッフは、常に案内や対応に追われる忙しいポジションです。

ハードな業務内容と見合っていないと感じる人は多く、給料に不満をもって辞めてしまう人も。

そのため、グランドスタッフは入れ替わりが激しい仕事だと言われています。

基本給

グランドスタッフは、航空会社の正社員ではなく、関連グループとの契約社員やアルバイトとして採用されることが多いです。

契約社員やアルバイトで数年働き、その間の仕事ぶりで正社員として雇用されることもあるようです。

契約社員としての基本給は、月に約18万円程度だと言われています。

地方空港だと、約15万円程度の場合もあるようです。

こちらから社会保険料などが引かれていくため、手取りの給料は更に少なくなっていきます。

正社員の場合も、数年の間は基本給が約18万円程度です。

ボーナスはある?

契約社員の場合、ボーナスはほとんど支給されないと言われています。

企業によって対応が変わってきますが、ボーナスが支給される企業のほうが少ないようです。

正社員の場合は、夏と冬を合わせて4か月分のボーナスが一般的と言われています。

基本給が18万円の場合は、夏冬合わせて約72万円のボーナスがあることになります。

各種手当

グランドスタッフは手当が充実しており、代表的なもので以下のような手当があります。

  • シフト勤務手当
  • 早朝出退勤手当
  • 深夜出退勤手当
  • 休日勤務手当
  • 年末年始就労手当

グランドスタッフはフライトに合わせて勤務しなければなりません。

そのため時間や曜日など固定で働くことができず、不規則なシフトで働くことになります。

不規則な勤務に合わせて、様々な手当が用意されています。

[ad]

グランドスタッフの仕事は実は大変なことが多い

華やかに見える仕事の裏で、グランドスタッフは大変なことや苦労が多くあります。

憧れだけでグランドスタッフを目指してしまうと、実際に働いたときに大きなギャップを感じてしまうかもしれません。

時間が不規則

グランドスタッフはフライトに合わせて働くことになるため、必然的に不規則な勤務になります。

朝の暗い時間帯に出勤する日もあれば、深夜まで勤務する日もあるため、生活リズムが整いません。

そのため体調管理が難しく、プライベートの予定がたてにくいことなど、不規則な勤務での悩みは私生活に大きな影響をもたらします。

体力を使うことが多い

グランドスタッフは、基本的に立ち仕事で体力を使います。

それに加えて女性はヒールを履いて働くため、足腰へ大きな負担がかかります。

時には、空港内を走り回って利用客を探したりすることも。

カウンター業務の場合はずっと立ちっぱなし、案内業務の場合は動きっぱなしで、体力勝負な仕事でもあります。

時にはクレーム対応も

グランドスタッフは、空港でのトラブルやフライトの欠航などが原因で、利用者からクレームを受けることが多いポジションです。

クレームの内容がどのようなものであっても、グランドスタッフが真摯に対応しなければ、空港のイメージダウンに繋がってしまいます。

クレーム対応は精神的な疲労が強いため、グランドスタッフは心身ともに負担が多い仕事だと言われています。

グランドスタッフに昇給はある?

正社員のグランドスタッフは、勤続年数や役職によって昇給します。

平均的な年代別給料は、

  • 20代・・・18~20万円
  • 30代・・・20~22万円
  • 40代・・・22~26万円
  • 50代・・・27万円

となります。

一方CAは、20代で25〜30万円、40代には50万円近くまで昇給していくと言われています。

同じ航空業界でも、CAの方が昇給の幅が大きいことがわかります。

グランドスタッフの給料が安い理由

グランドスタッフの給料はいつの時代も安く、常に不満に思われてきました。

グランドスタッフの給料が安い理由は、大きく2つあると言われています。

志願者が多い

グランドスタッフは人気の職のため、給料が安くても、毎年志願者は絶えません。

そのためグランドスタッフをはじめ、航空業界は人員不足に悩まされることはほとんどないと言われています。

低い給料でも続ける人が一定数いることや、例え辞めてしまったとしても次の年には新しく入社する人が必ずいるため、企業側は給料を高く設定する必要がありません。

航空業界はコストに厳しい

航空業界は固定費が高いため、コストに厳しいと言われています。

コスト削減のために、グランドスタッフは人件費が抑えられ、給料が安く設定されているようです。

基本給が安い代わりに、様々な手当があることがメリットのようにも感じられますが、ボーナスは基本給の4か月分が支給されます。

そのため、基本給を低くして手当を増やしたほうが、企業側はボーナスの支給が少なく済むということになります。

グランドスタッフの仕事内容

グランドスタッフの仕事内容は、大きく分けて3つあります。

基本的には空港内での案内や、お客様対応がメイン業務となります。

チェックカウンター業務

チェックインカウンターでは、

  • 航空チケットの発券
  • 手荷物預かり
  • 出発時刻や搭乗口などの案内

などが行われます。

近年は自動チェックイン機が主流になりつつあるので、チェックインカウンターに立ち寄らずに搭乗することも可能となっています。

出発案内業務

出発案内は、ロビーや搭乗ゲートで行われます。

ロビーでは自動チェックイン機の操作説明や、混雑時の誘導、その他様々なイレギュラーな対応にも追われます。

搭乗ゲートでは、搭乗時間のアナウンスやチケット確認などを行います。

時間になっても利用者が現れない場合は、搭乗ゲートのスタッフが、無線などを使って各所と連携をとりながら、空港中をくまなく探すことになります。

到着案内業務

到着案内は、乗継便の案内や、車椅子や子連れの利用者のサポートなどを行います。

CAからの引き継ぎがあれば、各部署に伝達をするのも、グランドスタッフの役目です。

また、手荷物の返却対応や、荷物にトラブルがあったときの対応も行います。


グランドスタッフの給料は安く、

  • 数年間は基本給が約18万円程度
  • 地方の空港になると約15万円程度
  • 契約社員時はボーナスが支給されることはほとんどない

と言われています。

契約社員として数年働き、働きぶりなどで正社員として再雇用されることがあります。

しかし、最初から正社員でグランドスタッフになれる可能性はほとんどありません。

人気の職業ではありますが、低い給料や不規則な生活などに悩む人が多く、憧れだけで目指すには少し厳しい業界のようです。